わかる!催眠案内所

催眠はいろんなことに活用できます

催眠と睡眠薬の違い、それとメカニズム

without comments

催眠と睡眠薬は、あまりにていません。睡眠から言いますと、弱いものから強い睡眠薬があります。それも千差万別です。協力と言う睡眠を飲んでしまいますと、朝まで帯びてします可能性があります。睡眠薬はご存知の方は多いので催眠です。自分はウサギになるや、鳥になるなどのことは、今現代ではあまりしてはいけないとおもいます。脳の伝達物質に異常が起こし循環の伝達フォルモンが不順になり脳がまいってしまう統計が効いたことがあるからです。だから余計なことに利用したら、その人の格に問題が生じる可能性が高まっていくからです。催眠は、行動がおかしくなったり、芽がまわってノイローゼの方々に多く使われている系統があります。脳内伝達物質、つまり右脳の作用は大きいので、いえ、左脳も語学などに必要です。いろいろな療法がありますので。大丈夫です。

自己催眠の効果について

意識と潜在意識というのは結びついているものであり、意識で考えたことは潜在意識にも伝わってしまいます。潜在意識は普段の行動や考え方などに深く関係しているといわれています。自分に否定的なことなど考えてしまった場合、その考え方は潜在意識の能力を発揮するのに邪魔になってしまっているのです。潜在意識を活用させたいのであれば、自己催眠が有効であると思われます。自己催眠とは要はイメージトレーニング、自己暗示と言われるものであり、自分をコントロールし、良い方向へと向けてくれるものです。自己催眠を行うことにより、精神的な心の悩みや肩こり、冷え性といった身体的な悩みも解消してくれる効果があります。ダイエットの成功や受験勉強の成功などにも導くかも知れません。強い不安感が解消されたり、ストレスが解消されたりなど、精神的な悩みなどはかなり改善されることでしょう。

催眠と暗示効果について

催眠というのはそもそも暗示を受けやすい変性意識状態の一種です。その状態へと導く方法については催眠術とも言われています。よくテレビなどでもタレントさんに暗示をかけるのを見かけますが、他人から受けなくても、自ら暗示をかけることはできます。その方法として用いられるのは鏡を使うこと。例えば、アガリ症であったり、自分に自信がないという方は多いと思います。朝は歯を磨いたり、顔を洗ったりするので、ほとんどの方が毎朝鏡の前に立つと思いますが、その際に自分の顔を見て、「自分は大丈夫だ」「絶対できる」など言い聞かせると今まで出来なかったことが出来るようになるという現象が起こることがあります。これが自分で出来る一種の暗示です。人によって催眠状態になりやすい方と、そうではない方がいるので、出来るだけ毎日行うことが効果的と言えるでしょう。

Written by admin

1月 13th, 2015 at 7:06 pm

Posted in

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)